トップarrow 学科・コース紹介arrow身体表現・俳優コース

身体表現・俳優コース

舞台の上やキャメラの前に立って自然に動くことは、訓練しなければできません。
大学で全員が映画の作り方を学ぶ中で、「俳優」として生きてみたい人たちに向けたコースを新設します。

  ※対象:2016年度以降入学生 (但し、2016年度2年次編入学生、2016年度以降3年次編入学生を除く)
(お知らせ)
2016.4.1 「身体表現・俳優コース」の開講期につきまして、これまで3年次後期からとお知らせしておりましたが、3年次前期となりました。

2015.9.18 名称について、これまで「身体表現(俳優)コース *仮称」となっておりましたが、「身体表現・俳優コース」が正式名称となりました。*既に公表済みの印刷媒体(大学案内等)や各種受験ホームページは、旧名称となっておりますのでご了承ください。

コース概要

肉体訓練を通じて身体感覚を発見し、演技を通じて他者との関係を意識し、
観客の前で表現することを目指します。

身体表現

身体表現

鍛錬

自己の身体を意識し、コントロールすることを学びます。

対話

他者によって自己の心身が変化することを体験します。

表現

身体を通じて内面を他者に伝える方法を模索します。

3年次前期より身体表現・俳優コースがスタートします。
それまでは他の学生と同じく2年次後期に他の6コースのいずれかに入り、各専門分野を学びます。
希望者が多い場合は選抜オーディションを行います。

メッセージ


簡単に俳優になれると思うなよ。覚悟のある者、募集中。

誰でも「演じる」ことはできる。しかし誰でも「俳優」になれるわけではない。舞台の上やキャメラの前に立って自然に動くことは、訓練しなければ絶対にできない。この大学では全員が映画の作り方を学ぶ。その上で「俳優」として生きてみたい者のために身体表現・俳優コースを新設する。
誰でも欠点=癖を持っている。それをコントロールすることができれば、欠点はそのまま個性となり魅力となる。コントロールすべきは、ほんの数%。覚悟さえあれば人生を変えるのは難しくない。

天願先生





天願 大介 TENGAN Daisuke

学長/教授
映画監督・脚本家

real