• TOP
  • 入試情報
  • 出張講義・県コンソーシアム連携プログラム

出張講義・県コンソーシアム連携プログラム

出張講義

県立高校生学習活動コンソーシアムのご担当者様
「総合的な探究の時間」のご担当者様
映画部(映画制作部)・演劇部・放送部等 顧問の先生方

出前授業コーディネーター
高大連携推進担当

田辺秋守 教授

高等学校で映画や映像について学ぶ機会はまだまだ少ないかと思います。
私たちは美術や音楽と並んで映像がこれからの情操(知的・道徳的・美的)教育に不可欠なものだと考えています。
そこで本学の講師が少しでもそのお手伝いができればと、「日本映画大学出前授業」という試みを行っています。
高校生の皆さんに、映画を観ること、映画を作ること、映画を仕事にすることに加え、物語を創作することについても、その面白さを伝えられたらと思っています。
部活動だけでなく、「総合的な探究の時間」や各教科での取り組みもご相談があれば応じます。ぜひご活用ください。

実施要項

開催期間 随時受付中
(※基本平日。土・日・祝は検討の上、調整いたします)
開催月日 ご希望日時を指定してください
開催時間 1講義につき約60分~90分(春・夏・冬休みも可。長期プログラム要相談。)
講義内容 下記講義例を参考にご依頼ください
開催場所 貴校教室にて(スクリーンを除き、機材は本学から持参いたします)
対象者 一般生徒(全学年対象)
*放送部、演劇部、文芸部なども歓迎
申込方法 事前申込み制
こちらの用紙を使用して、FAXにてお申込みください。
出張講義申込書(208KB)
FAX:044-951-2681 *入試・広報部
費用 無料
講義例
講義形式


① 『エンタメ業界ガイダンス』
 映画・映像・芸能業界の仕事内容や適性を説明します。

② 『Withコロナ時代の創造』
 時代の危機と変化に対応してきた映画の歴史を映像でふり返り、コロナ時代の新たな「想像力」を考えます。
 
③ 『サブカルチャー論』
 漫画やアニメといった人気メディアから、バーチャルYouTuberなど配信時代の新しい表現までを論じます。

ワークショップ形式


④ 『映画で学ぼう!SDGs』
 探求したい17目標(複数選択可)に最適な映画を上映し、課題解決に向けたディスカッションを行います。

⑤ 『物語を書こう!』
 面白い物語を創作するための基本を学び、執筆します。
 
⑥ 『映画感想を書こう!』
 シーンやカット割り、セリフやジェスチャーの意味などに注目して映画を分析し、自分の見方を口頭あるいは文章で他者に伝えます。

神奈川県立高校生学習活動コンソーシアム連携プログラム

神奈川県の教育委員会が設置したコンソーシアムで、県立高校と大学や短大・職業技術校等、専修学校各種学校の教育機関及び企業、研究機関との連携を拡充するとともに、生徒の主体的な学びへとつながる様々な教育機会の提供の充実を図り、神奈川の教育や産業の発展に寄与することを目的としています。
本学は「出前授業」を中心とする様々な学びの機会を提供いたします。


神奈川県|県立高校生学習活動コンソーシアムの取組

※申し込み方法は、各詳細ページをご覧ください。全て無料で受講・体験できます。

本学が提供する連携プログラム
1.出前授業(出張講義)

出張講義(講義例)をご覧ください。

【分野】 芸術系(映画、映像、演劇、文芸等)
【テーマ】 映画教育、メディアリテラシー、シネリテラシーに関すること

2.その他(高校生のためのワークショップ)

本学では、高校生のインターンシップ推進事業の一環として以下のワークショップを実施します。

『映像制作ワークショップ』
 映像作品をつくるためのアイディアや考え方について、プロの講師が実演しながらレクチャーします。

『身体表現ワークショップ』
 演技とは何かを考え、実際に体を動かしてみます。

『文章表現ワークショップ』
 面白い物語を創作するための基本を学び、執筆します。

お問い合わせ先

日本映画大学 入試・広報部
TEL : 044-951-2511
Mail : info@eiga.ac.jp

入試情報