脚本コース

映画作りの要となる「脚本」を軸に、
多様な映画表現の可能性を探求していく

ことばと身体演技の関係とシナリオ作法、ドラマの本質と演出の技術についての理解を深め、多様な映画表現の可能性を探究します。

脚本コース

コース紹介

学びのポイント

POINT 1

即興で演じ、撮るということから文字(脚本)に戻すということで、身体、心、頭を使った脚本を書く上での基礎訓練を行います。

POINT 2

小説、漫画、詩などの他ジャンルの表現を脚本にすることで徹底したスキルを学びます。

POINT 3

シナリオ作家の登竜門“新人シナリオコンクール”など外部のコンクール応募・受賞を目標とします。

学びの流れ

2年次前期
(文章系合同)

活字出版の基本を身につける「雑誌制作」

機関誌『日本映画大学だ!』を制作することで、企画、編集、原稿執筆からデザイナー・印刷所とのやりとりまで、紙媒体が出版されるまでの⼀連の制作フローを学びます。また、活字として表現されることの責任を理解します。


2年次後期
(文章系合同)

あらすじをもとに即興で演じることで、台詞やドラマの発生を主観で体験する「インプロビゼーション演習」

身体・心・頭のすべてを使って脚本を書くための基礎訓練です。台詞がない状態で人物の関係とあらすじ(プロット)だけを頼りにインプロビゼーション(即興)でシーンを作り、撮影し、脚本化します。それを書き直しながら再び撮影します。頭で書いた物語と、映像の中で生きている人物を描くことの差異を体験的に理解します。


3年次前期

30分の短編映画を作る「脚本専門演習Ⅰ〈短編映画制作〉」

脚本コースだけで全パートを担当し、短編映画を制作します。頭で書いたものを現場で立体化する経験を通して、シナリオが自分語りではなく、他者との関係性の中で存在することを学びます。


3年次後期

原作小説を脚色して長編シナリオを書く「脚本専門演習Ⅱ〈脚色〉」

原作を元に長編シナリオを執筆します。小説とシナリオの違いを知り、映画表現とは何かを学びます。専門的な技術を修得すると同時に長編を書く持続力と体力を養います。


4年次

4年間の集大成「卒業制作〈シナリオ〉」

これまで修得したあらゆる知識と技術を総動員して、劇場用映画(250枚)のシナリオを執筆します。また、TVドラマのシナリオ(120枚)執筆にも取り組み、外部のコンクールに挑みます。完成したシナリオは「卒業シナリオ集」にまとめます。


メッセージ

斎藤久志

脚本執筆のルールその1
「映らないものは書くな」。
では、映らないものとは?

斎藤久志SAITO Hisashi准教授/映画監督・脚本家

「シナリオ(脚本)とはハリウッドの会計士が作り出したものだ」というゴダールの有名な言葉がある。映画作りは自由なもので、脚本(文字)なんかに縛られる必要はない。シナリオが必要な理由は映画に、お金がいくらかかるかを出資者(お金を出す人)が知りたいからだけだ、という事らしい。1950年代、既存の映画から脱して新しい映画作りを目指したフランス・ヌーヴェルヴァーグの旗手ゴダールらしい言い方だ。ただ敢えて言うなら、自由と無軌道は違う。自由を手にするためには最低限のルールは必要だ。そがれ脚本なんだと思う。
脚本は、ハシラ(場所)とト書き(動作)と台詞だけで出来ているシンプルなものだ。このシンプルなものの中に映画の全てが入っていると言っても過言ではない。
「映らないものは書いてはいけない」が原則の脚本のルールを守って、どこまで自由になれるか。頭と心と身体を総動員して挑まなくては映画には到達しない。わくわくする作業だ。