FULLSIZE
編集

神野 学

kamino manabu
タフなプロセスを踏むのは
伝わるものをつくるため

撮影された素材をもとにする実写と、
あらかじめ尺を決めて描かれた絵を
つなぐアニメーションでは、
編集作業も違いがありそうなもの。
だが神野学さんは「同じ」と考えている。

プロフィール

神野 学

kamino manabu

岐阜県生まれ。日本映画学校13期 編集コース2001年卒。ジェイ・フィルムを経て、ソニーPCLに入社。NHK、TBSのドキュメンタリー番組などにも携わっている。

【おもな作品】
劇場版 空の境界』(07~10)
Fate/Zero』(11、12)
劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]』(17~20)
TVアニメ「鬼滅の刃」竈門炭治郎 立志編』(19~)
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(20)

近作情報

  • 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編



    原作/吾峠呼世晴 監督/外崎春雄 キャラクターデザイン・総作画監督/松島晃 声の出演/花江夏樹 鬼頭明里 下野紘 松岡禎丞 日野聡 平川大輔 脚本制作・アニメーション制作/ufotable 配給/東宝 アニプレックス (2020/日本/117min)
    蝶屋敷での修業を終えた炭治郎と善逸、伊之助、そして禰豆子は、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという「無限列車」に到着。鬼殺隊最強の剣士である〝柱〟のひとり、煉獄杏寿郎と合流し、鬼と立ち向かうのだった。
    ※禰豆子の「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記となります。
    ※煉獄の「煉」は「火」+「東」が正しい表記となります。

    ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

    公式サイト
    https://kimetsu.com/anime/

──日本映画学校(現・日本映画大学)に進学する前は、どんな映画に興味があったのですか?

どこにでもいるような映画好きの中高生で、洋画のアクション映画が好きでした。当時は『タイタニック』がヒットしていて、クエンティン・タランティーノの『パルプ・フィクション』が大人気。個人的にはロバート・レッドフォードロバート・デ・ニーロが好きでよく観ていました。

──邦画はあまり観ていなかったのですか?

勧められて小津安二郎監督作品などは観ましたが、わびさびを理解できるような人間ではなかったので(笑)、当時の自分には難しかったです。

──この学校を選ばれたのはなぜでしょう?

地元のミニシアター系映画館で、たまたまチラシを見つけたんです。当時、勉強をみてもらっていた方に見せたら、「今村昌平監督の学校だったら間違いないよ」と。当時、今村昌平をよく知らなかったけど、「この人が言うなら間違いないんだろうな」と思って(笑)、試験を受けました。

自分をさらけださないと
物事が進まない

──入学してみて、どんな印象を?

社会人の方がいたりして、生徒の年齢層が広い。本当に映画が好きで、「映画とともに生きるんだ」という決意を持った人が多かった。だから、モノづくりをめぐって真剣なケンカをしているんです。これにはびっくりしました。

1 2 3

コンテンツ一覧

※当時と違い、現在の日本映画大学では、
 コース名称と内容が変わったり、
 開講されていないコースがあります。